スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)
カテゴリー: スポンサー広告

今さらだが今年の目標考えた。

ブログのタイトルの上にぽつんと小さく書いてあるが、それが今年の目標。

『自分が笑う為の努力をするのではなく、誰かを笑わせる為の努力をしよう。』

自分が笑う動作をするのは簡単なこと。自分のやりたいことをすればいいのです。

でも自分が笑うだけの人生って悲しくない?

僕は今、イライラという感情を抑え込んで、誰かに心配されたくないように生きている。

自分が笑っていたら、誰かも笑うと考えているからだ。

でもそれって正しいことなの・・・? 実際ムリしているように見えて逆に心配されない?


そこで、誰かを笑わせるためにはどうしたらいいのか。自分がどんな行動したら誰かが喜ぶのか。

それについて考える年にしたい。


今日思ったことを追記に書きます。
誰かを心配するということは、それはその人の喜びに繋がるのか。

ちょっと今日あった出来事で例として話す。


先日色々あってタイヤがパンクして、修理に出した。

運悪く修理に出したとこが、なかなか修理してくれないとこだった。

このままじゃ自分の自転車で学校に行けないので、ばあちゃんから自転車を借りることにしました。

でも、後ろにかごがある自転車を高校まで乗って行くのはさすがに勇気がなかった。
しかも電気でモーターを回して、漕ぐことを楽にできるより優れの自転車。買った当時は10万円ぐらいしたと聞きました。

そこで、学校に一番近いと思われる友達の家に自転車を置いて、そこから徒歩で学校に行くことにした。(ここまで前置き)

今日学校の帰りに小雨が降っていて、しかも傘を忘れたから傘なしで帰るか、コンビニで買って帰るかどちらか迷ったんですが、そこまで雨が強くないのでそのまま自転車を置かせてもらっている友達の家に直で行きました。

友達の家に着き、自転車で乗って帰ろうとした時、自転車を置かせてもらった友達の親に「傘借そうか?」と言われました。

小雨だし別に大丈夫だと思っていた自分はもちろん断った。そもそももう若干濡れてたしw

「でも風邪とかひきそうだね」とかも言われましたが、自分は別に大丈夫です!と言い通して、帰りました。

心配してくれるのはとてもうれしいことなんだが、あんまり借りてやって行くのはあんまり気が進まないのよね。自分。

壊しそうだとか、そもそもまず自分の自転車でもないし、事故とか起こってもただ困るだけだし・・・。

気持ちとしては半々なんです。嬉しさもあり、不安もある。

だから状況にもよるけど、心配されても嬉しくない時もあるんだと思う。


・・・どう心配したら、相手は喜ぶと思いますか?

やっぱりそれは相手の状況をすべて把握したうえで心配してあげないと、ただの余計な御世話となると僕は思う。

気持ちはありがたいんだけどねw
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)
カテゴリー: 通常日記 | コメント: 1


この記事へのコメント

No title
すごい感動しました

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。